エステを探すならココ!いつまでも魅惑な女性であり続けるために…

ビューティーコラム美白効果がうたわれている商品は本当に効果があるの?

美白効果がうたわれている商品は本当に効果があるの?美白化粧品とは、シミやくすみを改善する効果を持つ美容成が配合された薬用化粧品のことです。厚生労働省に認可されている美白成分を配合している製品には、薬用化粧品となっていることから、効果が高そうと思われる方も多いと思います。でも、完璧な効果が出るわけではありません。もし完璧な効果が出る美白化粧品があれば、世の中にはシミやくすみの悩みを持つ人はいなくなります。ただし、シミやくすみの予防ができる、ある程度改善されるという意味では効果を期待できます。
なぜ美白成分でシミやくすみが改善されるのかという理由をシミやくすみが発生するメカニズムと併せて確認していきましょう。

美白化粧品の種類

美白化粧品の種類

美白化粧品は、配合されている美容成分によってシミやくすみを改善する為の方法が異なります。

シミやくすみのもとになるメラニン色素が作られないようにする美容成分(予防効果)

シミやくすみのもとになるメラニン色素が作られないようにする美容成分(予防効果)
  • トラネキサム酸
  • カミツレエキス
  • tシクロアミノ酸誘導体
  • プラセンタエキス

シミやくすみの原因はメラニン色素です。メラニン色素は、肌に紫外線が当たると発生する物質です。紫外線は皮膚にダメージを与え、火傷や皮膚がんなどの原因になるのですが、その害を抑えるために作られるのがメラニン色素なのです。
紫外線を浴びると、情報伝達物質であるエンドリセンやプロスタグランジンが、表皮の基底層にあるメラニン色素を作り出す細胞(メラノサイト)を刺激してメラニン色素を作るよう指令を出します。これらの情報伝達物質の働きを抑えることで、メラニン色素が作られないようにし、シミやくすみを予防する効果が高い成分がトラネキサム酸やカミツレエキスなどの成分です。シミやくすみを予防する効果があります。

活性酸素を吸収してメラニン色素を作る酵素の働きを抑制する美容成分

活性酸素を吸収してメラニン色素を作る酵素の働きを抑制する美容成分
  • プラセンタエキス
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • フェニルエチルレゾルシノール

紫外線を浴びると活性酸素が発生します。すると、チロシナーゼという酵素が活性酸素を吸収して、チロシンをメラニン色素に変えようとします。(チロシンは情報伝達物質の原料になる非必須アミノ酸の一種です。)このチロセナーゼの働きを抑制することによってシミやくすみを改善する働きをするのがプラセンタエキスやアルブチンなどの成分です。メラニン色素の発生を抑えてシミやくすみを予防する効果があります。

タンパク質の分解を早めてチロシナーゼを減らす美容成分

タンパク質の分解を速めてチロシナーゼを減らす美容成分
  • リノール酸

チロシナーゼを減らすことによってメラニン色素を減らし、シミやくすみが作られないようにする成分です。

肌のターンオーバーを促しメラニン色素を排出させる美容成分

肌のターンオーバーを促しメラニン色素を排出させる美容成分
  • 4-メトキシサリチル酸カリウム塩
  • アデノシン一リン酸二ナトリウムOT
  • プラセンタエキス

紫外線のダメージで乱れてしまった角質の新陳代謝を促し、メラニン色素を排出させます。メラニン色素の沈着を防ぎ、シミやくすみにならないようにする成分です。

美白化粧品の効果はどの程度期待できるの?

美白化粧品には、メラニンを作らせない、メラニンを蓄積させないという働きがあります。そしてその働きは徐々に作用するので、短期間で効果が得られることはありません。予防にはなりますが、蓄積されている色素、沈着してしまった色素に対しては、高い効果を期待できません。新しいシミやくすみを作らないという目的で使うという意味では効果があると言えます。

確実な美白効果があるハイドロキノンは安全?

シミやくすみを治したい人は、ハイドロキノンはどうなのかしら…?と思うことがあるのではないでしょうか?ハイドロキノンはプラセンタやアルブチンよりも、ずっと高い美白効果を持つ成分です。すでに色素沈着している部分の改善にも効果があります。ただし、肌への刺激が強く、副作用も心配されます。市販品では2%以下の含有量ですが、肌質や使用法によっては炎症や白斑をおこしたりする恐れがあります。
なぜならハイドロキノンがもともと刺激の強い成分であることに加えて、ハイドロキノンを使っている肌は、紫外線のダメージを受けやすくなるからです。その為、シミや日焼けなど紫外線による悪影響を受けやすくなってしまいます。
皮膚科や美容クリニックのシミ治療では、レーザー治療と並行して市販品よりも含入量が多いハイドロキノンクリームが使われます。この場合は、市販品を自宅で使うのと違って、医師が肌の状態を確認してから処方するので、肌トラブルがおこる恐れがある場合には、処方されません。
ハイドロキノンを使ってみたいけれど、市販品を使うのは不安…という場合は、皮膚科、美容クリニックで相談してみることも選択肢の一つです。

最後に

シミやくすみのない肌を維持する為には、メラニン色素を沈着させないことがポイントです。美白化粧品でメラニン色素が増えないようにするのと並行して、十分な保湿ケアをして肌の新陳代謝を促し、正常なターンオーバーが繰り返されるようにすること、そして何より紫外線対策をしっかりすることが大切です。
自宅でのスキンケアでは対処できない、どうしてもシミやくすみを治したいという思いがあれば、エステサロンの美白コースやホワイトニングコースを試してみるのも良い選択肢です。エステサロンでの美白ケアには、保湿、新陳代謝を促すが含まれているので、総合的にシミやくすみを改善し、きれいな肌を手に入れることができます。