エステを探すならココ!いつまでも魅惑な女性であり続けるために…

ビューティーコラムピーリングで美肌効果をアップさせよう

透明感のある肌粉を拭いたような状態になっている部分がある、肌が硬くザラザラしている、ファンデーションがきれいに伸びない、メイクしても明るい顔色にならない…このような状態になっている肌は、ハイパーケラトーシスになっている可能性があります。ハイパーケラトーシスは自然に剥がれ落ちていくはずの古くなった角質細胞が肌に残ってしまうことによっておこる角化不全、角化異状のことです。不要になった角質細胞を取り除き、透明感のある肌を取り戻す為には、ピーリングが効果的です。

ピーリングとは

ピーリング

ピーリングとは、不要になったにもかかわらず、肌に残ってしまった古い角質を取り除くスキンケアのことです。

古い角質が肌残ってしまうのはなぜ?

健康な肌は、正常なターンオーバーによって維持されています。肌のターンオーバーとは、表皮の一番下にある基底層で新しく生まれた皮膚細胞が、角質層まで押し上げられてくる新陳代謝の周期のことです。年齢や体調にもよりますが、およそ28日間ごとに押し上げられてきた細胞が古い細胞と入れ替わるということを繰り返しているのです。角質層まで押し上げられてきた細胞は、壊れて天然の保湿成分であるMNFやセラミドなどの細胞間脂質になるのですが、その残骸は古い角質になって肌から剥がれ落ちていきます。
ところが、間違ったスキンケアや体調(ホルモンバランスの変化や栄養状態の偏り、睡眠不足などによる新陳代謝が滞り)によって古くなった角質が剥がれ落ちていかず、肌に残ってしまうことがあります。角質が剥がれ落ちていかないと、さらに新陳代謝が滞り、ターンオーバーの周期が長くなるので、より角質が剥がれ落ちなくなっていくという悪循環に陥ってしまいます。

間違ったスキンケアとは?

健康な肌は、正常なターンオーバーによって維持されています。肌のターンオーバーとは、表皮の一番下にある基底層で新しく生まれた皮膚細胞が、角質層まで押し上げられてくる新陳代謝の周期のことです。年齢や体調にもよりますが、およそ28日間ごとに押し上げられてきた細胞が古い細胞と入れ替わるということを繰り返しているのです。角質層まで押し上げられてきた細胞は、壊れて天然の保湿成分であるMNFやセラミドなどの細胞間脂質になるのですが、その残骸は古い角質になって肌から剥がれ落ちていきます。
ところが、間違ったスキンケアや体調(ホルモンバランスの変化や栄養状態の偏り、睡眠不足などによる新陳代謝が滞り)によって古くなった角質が剥がれ落ちていかず、肌に残ってしまうことがあります。角質が剥がれ落ちていかないと、さらに新陳代謝が滞り、ターンオーバーの周期が長くなるので、より角質が剥がれ落ちなくなっていくという悪循環に陥ってしまいます。

体調も角質に関係するの?

ホルモンバランスや自律神経の乱れや栄養状態の偏り、睡眠不足などは、身体全体の新陳代謝を滞らせます。その結果、肌の新陳代謝も低下して、ターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

自宅でするピーリング

自宅でするピーリング

ピーリングは市販のピーリング剤を使って自宅でも手軽に行うことができます。市販のピーリング剤は、肌に刺激を与えないよう、成分の配合量が抑えられてはいますが、週1回程度が適当です。過度にピーリングをすると肌に必要な角質まで剥がれ落ちてしまい、敏感肌になってしまいます。

ピーリングの方法

ピーリングには、洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。

洗顔タイプ

  • 通常の洗顔料で洗顔する
  • 製品によって乾いた肌に使うタイプと濡れた肌に使うタイプがあるので、説明書に従ってタオルドライする
  • ピーリング成分が配合されている石鹸やジェル、スクラブ洗顔料を使う
  • ピーリング剤が肌に残らないよう十分にすすぐ
  • 通常の保湿ケアをする

ふき取りタイプ

クレンジングや洗顔の後にシートにピーリング剤をつけてふき取ります。配合されている成分は刺激の少ない成分ですが、シートと肌の間におこる摩擦で肌を乾燥させてしまう恐れがあります。

ピーリング剤に含まれている成分

市販されているピーリング剤には、主に2つの成分が使われています。AHA(α-ヒドロキシ酸)だけが配合されているタイプと、AHA(α-ヒドロキシ酸)とβ-ヒドロキシ酸(サリチル酸)が両方配合されているタイプがあります。

  • AHA(α-ヒドロキシ酸)
    クエン酸、リンゴ酸など果物の酸から作られた角質を溶かす働きのあるAHA(α-ヒドロキシ酸)は、水溶性で低刺激ですが、それほど高い効果が得られるものではありません。
  • β-ヒドロキシ酸(サリチル酸)
    皮膚炎など医療の分野で使われているβ-ヒドロキシ酸(サリチル酸)は油溶性で、AHA(α-ヒドロキシ酸)も角質を溶かす働きが強く、皮脂と馴染んで毛穴の奥まできれいにする効果があります。ただし、刺激が強いことから化粧品には0.2%までしか配合できません。その為、それほど高い効果が得られるわけではありません。

エステでできるピーリング

エステでできるピーリング

自宅でのピーリングでは肌の状態を改善できなかった、でも刺激の強い製品を自己判断で使うのは不安…という方は、エステサロンでピーリングを受けることもできます。
エステサロンによって、組み合わされている施術は異なりますが、くすみやシミをなくす美白の為のピーリング、ニキビ跡をきれいにするピーリングなど、多様なコースがあります。ピーリングをすることで解決したい悩みに合うコースのあるエステサロンを選びましょう。