エステを探すならココ!いつまでも魅惑な女性であり続けるために…

ビューティーコラム今さら聞けない!正しいスキンケアとは

正しいスキンケア顔色がくすんできたような気がする、乾燥してファンデーションがきれいに伸びないなど、肌のトラブルに悩まされることがあります。そんな時「毎日スキンケアしているのになぜ…?」と思われませんか。肌トラブルの改善や予防するために、正しいスキンケアについて確認しましょう。

正しいスキンケアの順番と役割

スキンケアの役割は「肌を健康に保つ」ということです。肌を健康に保つためには、自分の肌質、現在の肌の状態に合った方法でスキンケアをすることが大切です。

クレンジング…油溶性の汚れを落とす

クレンジング

クレンジングはメイクで肌についた油溶性の汚れを落とします。ファンデーションやメイクの油分が肌に残り、毛穴に詰まったままになっていると、ニキビや毛穴の黒ずみ、シミといった肌トラブルの原因になってしまいます。クレンジング剤にはいくつかの種類があるので、ファンデーションの種類や塗り方、ポイントメイクの方法に合ったクレンジング剤を選びましょう。

オイル、ジェル

しっかりとメイクを落とせるクレンジング剤なので、濃いメイクをしている人に向いています。ただし、摩擦で肌を乾燥させてしまう恐れがあるので、保湿成分が配合されているクレンジング剤をおすすめします。

クリーム、ミルク

肌への摩擦が少なく、クレンジング後にも油分が肌に残るので肌を乾燥させません。ただし、洗浄力が弱く、ポイントメイクは落としにくいので、ポイントメイクリムーバーで先に落としておく必要があります。

洗顔…皮脂汚れと角質を落とす

洗顔

洗顔は、肌の状態に合わせて洗顔料を選び、正しい方法で洗顔することが大切です。肌のトラブルで敏感な状態になっている場合には、低刺激性の洗顔料を使い、泡をのせたら優しくクルクルしてください。ゴシゴシとこすったり、長時間泡を肌にのせたままにすると余計にダメージを与えてしまいます。
角質が肌に残ってしまってゴワゴワしたり、粉を拭いたような状態になったり、くすんだりしている場合は、角質を剥がすためにある程度しっかり洗顔する必要があります。

正しい洗顔の方法をご紹介します。

  • 洗顔料を泡が立つ程度まで十分に泡立てる
  • おでこや鼻筋は柔らかくこすり洗い、頬は泡を押さえる程度、瞼や口元は泡をのせるだけというように、皮膚の薄い部分は丁寧に!
  • 洗顔料が肌に残らないよう十分にすすぎ、タオルでやさしく抑えるようにして水分をふき取る
  • すぐに保湿ケアをする

保湿…肌のバリア機能を高める

保湿

私達の肌には、天然の保湿成分が存在しています。そして表皮では角質細胞の間を埋め、真皮では弾力繊維の網目を埋めて、肌のバリア機能を維持しています。保湿成分は、細胞と細胞の合間の隙間を埋めることで、紫外線など外部からの刺激を肌の内部に侵入させない、肌の内部にある保湿成分を逃がさないという働きをしているのです。
ところが、体調や環境、間違ったスキンケアなどによって、肌の保湿成分が失われてしまうことがあります。そのような時に、乾燥、シミ、くすみなどの肌トラブルが起きてしまうのです。その為、スキンケアで、十分な保湿成分を角質層に届けることが大切です。特に洗顔後は、肌の表面をクリームのように覆って肌を守っている皮脂を取り除いてしまうので肌は、非常に敏感な状態になっています。その為、洗顔後にはすぐに保湿ケアをする必要があるのです。

間違ったスキンケアには、不十分なクレンジング、洗浄力の強すぎる洗顔料、過度なピーリング、肌質に合わないスキンケア用品の使用、こすり過ぎなどで肌に与える摩擦によるダメージなどがあげられます。

保湿の為のスキンケア

  • 化粧水…角質層の水分を保持する保湿成分を補う、美容液を浸透しやすくする
  • 美容液…水分を抱え込み、保湿成分をしっかり浸透させる(美白成分が配合されている美容液もあります。)
  • 乳液…浸透させた保湿成分が蒸散しないよう肌の表面に蓋をする
  • クリーム…長時間保湿を維持する 夜用クリームは睡眠中に保湿を維持し、肌の修復効果を高める

週に1回はパックを

パック

朝夕のスキンケアに加えて週に1回保湿パックをすることで、より潤いのある肌を維持することができます。シートパックであれば、自宅で手軽に保湿パックができます。

シートパックの方法

すでに美容液がついているシートパックを利用すると、簡単にパックができますが、普段使っている化粧水をパック用のシートにしみ込ませるという方法もあります。くすみやシミが気になる場合には、保湿に加えて美白成分が配合されたパックもあります。
クレンジング→洗顔→化粧水の後に、10~15分程度シートパックをします。もともと美容液がついているシートパックの場合は、説明書に書かれた使用時間に従います。自分でシートパックに化粧水を沁み込ませる場合は、10~15分しても乾燥しない量を沁み込ませること、シートから水分が減ると、反対に肌の水分が奪われてしまいます。
シートパックの後は、手のひらで肌を押さえて保湿成分を浸透させた後、乳液、クリームをつけます。

お金や時間に余裕がある人はエステでお手入れ

エステでお手入れ

自宅での正しいスキンケアはきれいな肌を維持する為にとても大切ですが、残念ながら完璧ではありません。なぜなら、保湿成分を角質層の深くまで届かせることができないからです。
エステでは摩擦による肌へのダメージのない専門家のマッサージによって、肌の新陳代謝を促してもらえます。その結果、血液やリンパ液の循環が良くなり、肌の潤いに必要な保湿成分が角質層に充分届き、不要な老廃物が肌から排出されるのです。
施術の前に充分なカウンセリングがあるので、肌質に合った施術がおこなわれます。また、自宅ケアでは手に負えないほどの日焼けや乾燥などの肌トラブルを改善することもできます。

経済的、時間的の余裕があるときは、エステで施術を受けると、肌がきれいになるだけではなく、ゆったりした気分、華やかな気分が味わえます。肌のトラブルの原因の一つはストレスですが、優雅な気分を味わうことで、精神的にも肌に良い影響があります。