エステを探すならココ!いつまでも魅惑な女性であり続けるために…

ビューティーコラムなぜ脱毛サロンに行くと毛が生えてこなくなるの?

なぜ脱毛サロンに行くと毛が生えてこなくなるの?美容における脱毛とは、自信がムダと感じている体毛を取り除くことです。脱毛にはいくつかの方法があり、施術の種類によって程度は変わりますが、脱毛方法によっては毛が生えてこなくなります。毛が生える仕組み、脱毛の種類、施術の種類によって効果が異なる理由について確認していきましょう。

毛が生える仕組みを知る

髪の毛がヘアサイクルという毛周期によって生え変わっているのと同じように、全身の毛も周期的に生え変わっています。部位によって周期の長さが違いますが、毛が生え変わる仕組みは同じです。毛周期には、毛穴の中にある毛根の細胞である毛母細胞の活動の状況によって変化する時期があります。

毛の周期毛母細胞が活動を始める成長初期、毛が生え伸びていく成長期、毛の成長が止まる退行期、そして活動が止まったために古い毛が抜け落ちている状態の休止期です。

それぞれの毛穴が異なった時期にこの周期を繰り返しているので、常に毛が生えている状態が維持されているのです。

脱毛の種類とメリットデメリット

エステサロンや脱毛サロン、美容クリニックで行う脱毛には主に3つの種類があります。それぞれのメリットデメリットを確認していきましょう。

レーザー脱毛

レーザー脱毛には、3種類の中で最も多くの人に利用されている脱毛方法で、医療レーザー脱毛と光脱毛があります。医療機関で施術される脱毛が医療レーザー脱毛、エステで施術される脱毛が光脱毛です。

大まかなメリットは、自宅でのムダ毛処理が楽になること、デメリットは長期間、定期的に施術を受ける必要があること、それに伴って費用がかかることです。詳しくは医療機関での脱毛と脱毛サロンでの脱毛の違いをご覧ください。

ニードル脱毛

電気針を使って毛根を焼き切る方法です。すべての脱毛方法の中で完全な永久脱毛ができる唯一の方法です。レーザーではできない眉毛や目の周囲にも施術することが可能です。

しかし、毛穴の一つ一つに対して針を刺すため非常に時間がかかります。個人差はありますが、3週間に1回程度の施術を1年から1年半続けて受ける必要があります。また、脱毛方法の中で最も痛みが強く、痛みのために途中で投げ出してしまう人がいるほどです。

ワックス脱毛

ワックスに毛を張り付かせて抜き取る方法です。1回で脱毛効果を得られる、古い角質も一緒に取り除かれ肌が滑らかになる、自宅でもできる、カミソリに比べて脱毛後に生えてくる期間が長くなる、毛根から処理するので毛を途中から切断するカミソリに比べて太い毛が生えてこないといったメリットが挙げられます。

デメリットとして、1か月程度で新しく毛が生えてくるため、たびたび脱毛処理をしなくてはならず、肌が弱い人が自宅で行った場合肌に負担がかかり、炎症を起こしてしまう恐れがあります。エステでの施術の場合には、個人の肌質に合わせて、施術の前後に十分な保湿ケアをしてもらえるので心配ありません。

医療機関での脱毛と脱毛サロンでの脱毛の違い

医療機関での脱毛と脱毛サロンでの脱毛の違いは主に、効果の高さ、施術回数、痛みの強さのほかに、医療行為が行えるかどうかといった点です。

毛が生えてこなくなる理由と効果の高さ

医療機関で施術されるレーザー脱毛には、毛母細胞を破壊するという強い効果があります。表面的に毛を処理する方法とは違い、毛を生やすための毛根の細胞を破壊するので、毛が生えてこなくなります。また、エステでの光脱毛に比べ、一回の処理できる範囲が広いので、短時間で処理ができます。

エステサロンや脱毛サロンで施術される光線を使った光脱毛には何種類かの方法がありますが、どの方法も毛母細胞を破壊するほどの強い力はありません。肌に炎症ややけどなどのトラブルを起こさない範囲で行われる施術ですので、永久に毛が生えてこなくなるわけではありません。

医療行為が行えるのは医療機関のみ

当たり前の話ですが、医療行為は医師免許がなければできません。痛みを感じないように麻酔をしたり、炎症が起こらないように薬を塗ったり処方したり、「針を刺す」という行為も医療行為にあたります。きちんとした処理を望んでいるのであれば医療機関での脱毛をオススメします。

どのくらいの回数で生えてこなくなるの?

施術回数には個人差があり、一概にはいえません。なぜなら、毛の濃さ、太さ、量によって施術回数が異なるからです。一般的な毛の量の人が全身脱毛する場合の施術回数の目安としては医療機関で施術を受ける場合、1か月半~2か月ごとに約5~8回の施術を受ける必要があり、完了までに1年半程度かかります。

エステで施術を受ける場合には、それぞれのエステが設定したプランによって異なります。どの程度まで脱毛したいかという希望に応じてプランを選べるようになっている店舗が多いからです。2か月に1回程度施術を受けて、1年程度で約50%脱毛でき、自宅での処理がらくになります。100%近く脱毛するためには、3~4年通う必要があります。

レーザー脱毛はどのくらい痛い?

痛みは医療レーザーの方が強く、エステの方が弱いのですが、医療レーザーの場合は、麻酔をしてもらうことができます。

個人の毛の質や量、肌質、どの程度の脱毛を望むかということに合わせて、最も希望に沿う脱毛方法を選ぶことが納得できる結果、満足な結果を得ることにつながります。

他の施術に比べたメリット

レーザー脱毛は、黒い色にレーザーが反応して毛根の細胞を破壊するので、まだ生えてきていない皮膚の中にある毛も脱毛することができます。

他の施術に比べたデメリット

黒い色に反応するため、日焼けした肌、色素沈着した肌はやけどにつながる恐れがあるため、施術を受けることができません。

脱毛方法ごとの特長

レーザー脱毛 ニードル脱毛 ワックス脱毛
施術から毛が抜けるまでの期間 およそ2週間 1~2週間 施術時に毛がなくなる
1回あたりの料金目安(足全体の場合)(※1) 約9,000円 約10,000円 約10,000円
完了までの期間(※2) 3~4年 1年~1年半 都度脱毛のため期間なし
痛み(※2) 我慢できる痛さ 非常に痛い 痛い
メリット 他の脱毛方法に比べて痛みが少ない・施術できる店舗が多く通いやすい 永久的に脱毛ができる・目の周りや日焼け、色素沈着している部分などでも対応可能 その場で脱毛ができる・美肌効果が期待できる
デメリット 回数を重ねないと効果が感じられない・完了までの期間が長い 痛みに我慢できず断念する人がいる・1回あたりの時間が長い・クリニックの場合特に料金が高い 何度やってもまた生えてくる・施術時にある程度の毛の長さが必要

(※1)医療機関の場合、別途費用がかかることがあります。
(※2)個人によって差があります。