エステを探すならココ!いつまでも魅惑な女性であり続けるために…

ビューティーコラム3つのポイントで自分に合うエステサロンの探し方

3つのポイントで自分に合うエステサロンの探し方きれいになりたい!コンプレックスを解消したい!結婚式はキレイな姿をお披露目したい!…エステを受ける理由は人それぞれです。しかし、焦っているからといってすぐ決めるのは禁物です。大事なのは評判や値段よりも相性ではありませんか?
そこで今回はあなたにぴったりのエステサロンを選び、後悔しない3つの探し方を紹介します。

通いやすい場所を考える

どんなエステも継続的に通えてこそ意味がある

エステサロンを選ぶうえで最も重要なのに忘れがちなポイント、それがエステサロンの場所です。エステは私たちの体を美しくしてくれますが、魔法のような効果を発揮するわけではありません。簡単なものでも1ヶ月、長ければ1年以上継続して通うことが考えられます。仮に、すぐに効果が表れたとしても数日で元通りになることはよくあることです。よってエステサロンを選ぶときには「物理的に通いつづけられる場所」という制約が付きます。同時に通いやすい頻度であることも制約となるはずです。

とりあえずは時間と手間だけでシミュレーションしてみよう

エステに継続して通うことを考えれば自宅の近く、駅の近く、職場の近くなどから選ぶことが無難です。1日は24時間しかないので、そのうちのどのくらいをエステにあてられるのかよく考えてみましょう。

エステサロンの場所を知る

最初はエステサロンの評判や内容はいったん無視したうえでどこにどのようなエステサロンがあるのかを調べます。自宅や職場のほかにも買い物など生活圏内と呼べる場所であれば候補になります。
この段階で、通うことのできるエリアが決まります。

エステにいつ通うのかを考える

次にエステに通うためのスケジュールを考えます。たとえ近くにあったとしてもエステに通う時間をそもそも作れないようでは意味がありません。エステサロンの受付時間と、実際にどのくらいの時間で施術が行われるのかがわかったら、いつものスケジュールに無理なく組み込めるところを探します。
これで、「通うことが物理的に厳しい」という問題はクリアできるでしょう。

エステに行く目的を考える

エステに行く目的は、本当にありますか?

きれいになりたいからエステに行くのは、誰だってそうだと思います。ところで、いま抱えている悩みは本当にエステで解決するか、エステを受けた後の自分がどうなっているか、よく考えましたか?

目的を決めて何かに取り組むことはよくありますが、多くの人が目的の意味を勘違いしています。ズバリ言います。目的とは「目指すべき方向」でなく「ほしい結果」です。

目標を「目指すべき方向」と勘違いしている人は「今よりプラスになればよい」というところで止まってしまう一方で目標を「ほしい結果」と考えている人は「エステに行くことで何が手に入るのか」がみえています。せっかく安くないお金を払うのですから「どうなりたいのか」だけでなく「エステの効果が出た自分は何を手に入れられるのか」まで考えてみましょう。

エステといえば?

エステを利用する人の中でも人気が高いのがフェイシャルエステ、脱毛エステ、痩身エステ、そしてリラクゼーションエステです。

  • フェイシャルエステ
    フェイシャルエステ
    フェイシャルエステのニーズが高いのは全身に比べて手軽であることと、顔が目立ちやすい部分であることが理由と考えられます。肌をきれいにすることも大事ですが、小顔にすることも大切に考えているようです。
  • 脱毛エステ
    脱毛エステ
    脱毛エステを利用する人は、自分での処理が面倒・あるいは難しいことが理由です。どうしても手の届かない部分にも対応してくれるのが魅力です。
  • 痩身エステ
    痩身エステ
    痩せたいと思っている女性は非常に多いため、巷でもいろいろなダイエットが流行っています。女性が痩せたいと思う理由は健康や美容以上に自己肯定感が大きくかかわっています。
  • リラクゼーション
    リラクゼーション
    リラクゼーションは、体の疲れを癒したり心を整えたりするタイプのエステです。こちらはストレスや悩みの解消に用いられます。

相場を調べ予算を考える

エステに通いたい目的と候補地が決まったら相場と予算を確認します。エステに通えなくなる理由として「予算オーバー」は意外と多いので気を付けてください。

体験・見積もりは多いほうが良い

エステに興味があるのなら本契約をする前にまずは体験してみましょう。多くのエステサロンが1~複数回のエステ体験の場を設けています。その感触が良ければ見積もりを聞いてみましょう。ホームページや広告では見えなかった部分に費用が発生して、思った以上に高いということがあります。

本当にその価格が相場通りなのかを確認するうえでも複数のエステサロンに足を運びましょう。

即決はしないこと

お金のかかる買い物なので即決は避けましょう。どんなに魅力的でもいったん持ち帰って冷静に考えます。その結果、よりよい選択肢を見つけることができたり新たな疑問点が出てきたりするからです。

ここまでのポイントを確認して、納得できたら本契約しましょう。逆に勧誘がしつこい場合はその時点で距離を置いたほうが賢明です。